読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セグウェイチックなハイテク乗り物大全

セグウェイチックでセグウェイじゃないハイテクな乗り物を探求しています。最新のセグウェイ事情やホバーボード事情までありとあらゆる情報を公開していきます。

ホリエモンも言及!「パーソナルモビリティの存在はこれから大きくなる。」ってことは・・・

はーい!とうとうあの大御所のホリエモン

 

f:id:niwaka-6-nki:20160928155406j:plain

f:id:niwaka-6-nki:20160928155443j:plain

乗っちゃう!?

 

まだそれはないのかな?個人的に乗ったことはあるでしょうけれど・・・

それはそうと、ホリエモンセグウェイについて言及していた!!

 

f:id:niwaka-6-nki:20160928161200p:plain

国土交通省は24日、「セグウェイ」など2輪の立ち乗り型ロボットを、7月から全国の公道で走れるようにすると発表した。誘導員の配置や道路使用許可、小型特殊自動車としての認定などが条件となる見通しで今後、...

なんつーかクソ面倒臭いね。こんなんで誰が使うかね

 出典:セグウェイ、7月から公道で走行可能に誘導員など条件 | ホリエモンドットコム

 

でたー!!でも嫌いじゃない!!この辛口!!

 

 ホリエモンの考え方も分かる部分はあります。

セグウェイはまずデカい!!

そして値段が高い!

実用化するまでに、ほど遠い部分があることは間違いありません。

 

しかしこのようなことも。

 

「車が自動運転でどこでも行けるようになったら、次は車が入れない細い道などをどうするかが問題になる。そこでパーソナルモビリティの存在が大きくなってくる。」

 ということは・・・

 

ホバーボードの存在や!!

 

f:id:niwaka-6-nki:20160927114002j:plain

値段もそうですが、何よりも幅を取らないためより狭いスペースへの対応も可能!

 

そう!このホバーボードの存在は、ホリエモン本人も絶賛していたのです!

それはホリエモンのおすすめガジェット4選でも紹介されていました。

 

CA動的制御システムにより自動的に速度やターン機能を制御してくれることや、踏み台が滑りにくくなっていること、クッション性のあるタイヤのおかげで安定性が高くなっているのだと思われる。乗り方にもよると思うが、充電時間1時間15〜25kmの走行距離を誇るのも立派。

というくらい高性能なので、少し練習すれば体重移動のコツなどを把握でき、初心者でもすぐに乗りこなせるようになると思う。最大速度は15km/hと、そこそこのスピードが出るのだが、慣れればそこまで恐いものでもない。万が一、転倒などで何かにぶつかってしまっても、ボディがABS材質で作られているので頑丈で傷つきにくくなっているのも嬉しい。

 出典:ホリエモンおすすめガジェット4選 | ホリエモンドットコムブログ

 

ホリエモンが褒めている・・・

 

まあオススメしているくらいだから褒めるだろうけれども、なかなかの称賛ぶりではないですか!

 

ホリエモンも絶賛のホバーボード。

これからますます進化していって、その存在がより大きなものとなることが期待できますね!

 

f:id:niwaka-6-nki:20160928164221p:plain

最後にちゃんと注意点も一言書いてあった。

乗る際は必ずヘルメットや手袋などを装着して事故やケガの対策をしてほしい。YouTubeなどで見ると普段着のままで乗っている人もいるが、撮影用にカッコよく見せるためや乗るのに慣れている人たちなので、マネはしないように。それ以上に注意が必要なのが、日本では公道での使用が認められていないこと。もし公道で乗ろうものなら、その時点で道路交通法違反となってしまうので乗る際は絶対に私有地内で!

 たしかにホバーボードに関する法律は、明確には設定されていないため道路交通法に引っかかる恐れはある。

使用する際は、安全に気をつけて法の下ホバーボードを楽しみましょう!

 

 

気が向いたらクリックよろしくお願いしまーす!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


趣味・ホビー ブログランキングへ